沿革

昭和56年3月、新しい音と映像の未来に着目したパイオニア株式会社はレーザーディスク株式会社(資本金10億円)を設立し、 映像市場の創造に着手しました。当社は、レーザーディスク株式会社設立と同時に設置された映像・音響の編集スタジオとして 市場の発展・拡大に寄与してまいりましたが、事業規模拡大に伴い、平成元年4月、 レーザーディスク株式会社(平成元年4月社名変更パイオニア エル・ディー・シー株式会社、資本金20億円)より分離し、資本金5千万円で事業を開始しました。

昭和56年3月
-1981
東京都目黒区にレーザーディスク株式会社を設立、同時に映像・音響編集スタジオを設置し、 本格的にレーザーディスクソフト製作を開始
昭和59年9月
-1984
映像・音響編集スタジオを東京都港区に移転
平成元年4月
-1989
資本金5,000万円で、東京都港区に株式会社キュー・テックを設立し、幅広くポストプロダクション業務を開始
平成2年6月
-1990
東京都目黒区にレコーディングスタジオを開設し、営業を開始(平成10年3月 営業休止)
平成3年12月
-1991
増資により、資本金を1億円とする
平成4年2月
-1992
香港に子会社Best & Original Production を設立(平成8年12月 株式売却)
平成4年4月
-1992
レーザーディスクのプレス受注を開始
平成4年7月
-1992
企画制作部を設置し、営業を開始
平成8年10月
-1996
パイオニアビデオ株式会社が筆頭株主となる
平成9年4月
-1997
コンパクトディスクのプレス受注を開始
平成9年8月
-1997
DVDエンコード/オーサリング業務を本格的に開始
平成11年4月
-1999
カスタムプレス事業をパイオニアビデオ株式会社へ移管 (平成12年7月より、当社でも一部事業再開)
平成13年7月
-2001
(株)いちじゅ よりCMポストプロダクション「スタジオMESA」(恵比寿)の営業権を取得 資本金を1億240万円に増資
平成13年8月
-2001
無償減資により資本金を7,030万円とする
平成14年7月
-2002
資本金を7,185万円に増資
平成14年8月
-2002
HD編集機IQ-EDITを導入し本格的にHD編集開始
平成14年10月
-2002
パイオニアビデオ株式会社のディスク事業の事業転換に伴い、 メモリーテック株式会社とDVDのプレス等で業務提携を結ぶ
平成15年3月
-2003
パイオニア株式会社が筆頭株主となる
平成15年7月
-2003
資本金を7,250万円に増資
平成15年7月
-2003
スタジオMESA、恵比寿より赤坂に移設
平成16年4月
-2004
パイオニア株式会社からMBOにより独立 資本金を9,000万円に増資
平成16年7月
-2004
杉並スタジオを開設
平成17年4月
-2005
メモリーテック株式会社が筆頭株主となる
平成19年4月
-2007
メモリーテック株式会社よりスタジオ事業を譲り受ける
平成19年5月
-2007
VOD用編集事業(ネット配信用エンコード事業)を本格的に開始
平成19年10月
-2007
アニメーション撮影会社 株式会社デコロコを設立(平成22年4月 株式会社グラフィニカに吸収合併)
平成20年2月
-2008
日本最大級の規模を誇るオーサリングセンターを赤坂に新設
平成20年9月
-2008
デジタルインターミディエイト専用編集室を開設 DI事業及び3D映像製作に参入
平成21年4月
-2009
株式会社ゴンゾからデジタル映像(CG・VFX)事業を譲り受け、100%子会社 株式会社グラフィニカを設立
平成21年7月
-2009
マスタリング品質改善システム「FORS」を発表
平成22年5月
-2010
杉並クリエイティブセンターの新設に伴い株式会社グラフィニカが同センターへ移転
平成23年11月
-2011
遊技機向けCG制作会社 株式会社バンブーマウンテン(福岡県福岡市)の株式を取得し、子会社とする
平成24年9月
-2012
杉並スタジオを杉並クリエイティブセンターに移転統合
平成26年5月
-2014
赤坂第2スタジオを赤坂パークビル10Fに移転
平成28年4月
-2016
Ultra HD Blu-ray エンコード/オーサリング業務受注開始